パラベンフリーの効果や特性について!

パラベンフリーの効果や特性について!

 

コンシダーマルは、5つのフリーを推しています。

 

無香料、無鉱物油、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーです。

 

その中でも今回の記事はパラベンフリーの効果や特性についてを書いていきたいと思います。

 

 

パラベンフリーとは?


パラベンフリーのパラベンは「防腐剤」という意味です。

 

そのパラベンが入っていないものがパラベンフリーということです。

 

よくパラベンの入っていないパラベンフリーが良いとされていますが果たしてそうなのでしょうか?

 

私が調べあげた結果、正直なところ一長一短だと思いました。

 

以下、追って説明していきたいと思います。

 

まず、パラベンの正式名称は「パラオキシ安息香酸エステル」で化粧品を始め医薬品、食品などにも入っている防腐剤です。

 

石油系で非常に殺菌性が強いものであり抗菌性が高く幅広い範囲の微生物に効く反面毒性が低い優れものとなっております。

 

また、皮膚に対する刺激が少ないことも特徴の一つです。

 

パラベンの種類は、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンと左から抗菌性が高い順となっております。

 

化粧品には、一括りに「パラベン」と記載をされていますが、組み合わせ配合された化粧品もあれば一種類だけしか入っていないものもあります。

 

メチルパラベンは、抗菌力が低いものの皮膚刺激も少ないため化粧品に配合されていることが多いです。

 

パラベンフリーの化粧品は、微生物や細菌のエサとなる物質が多く手に付いた菌が化粧品に移ったりし繁殖してしまうパターンや空気に触れることで酸化し腐るといったパターンがあります。

 

細菌が増殖したor腐敗した化粧品を使用することは肌にダメージが与えられ肌荒れの原因となります。

 

しかし、パラベンが入っていれば微生物や菌の増殖・化粧品の腐敗を防いでくれます。

 

その為、パラベンフリーの化粧品は気密性が高い容器が必要とされ大口の容器であれば化粧品を掬う際もスパチュラなどを使うといった配慮も必要となります。

 

では、別にパラベンが入っていても問題が無いのではないかと思われますが次の章でパラベンフリーを使用する際の注意点を書いていきたいと思います。

 

パラベンフリーを使用する際の注意点


よく「敏感肌」の方はパラベンが入っていないパラベンフリーがいいと言われていますが果たしてどうなのでしょうか?

 

パラベンは、皮膚刺激がある為、シミ・シワ・ニキビなどの原因になると言われ、アレルギーを引き起こす旧表示指定成分の中の1つとされていました。

 

ちなみにパラベンは昭和40年代に薬事法で制定された表示指定成分の1つです。

 

他にも、ホルモンバランスを崩れさせる原因の一つとされておりマイナスイメージがパラベンには付きまとわるようになったということです。

 

しかし、科学の進歩もあることから一概にパラベンは悪と言えないようにもなってきた事実があるそうです。

 

パラベンフリーの化粧品を使用する際の注意点としてはできる限り早く使い切る必要があります。

 

手や空気中の菌が化粧品に触れることによって増殖し結果的にその化粧品を使用することによってお肌にダメージを与える結果となってしまいますからね。

 

しかし、パラベンフリーの化粧品を使用する際に気にするデメリットはそれぐらいかと思います。

 

パラベンは、化粧品の容量の1パーセント未満と制限が決められていますがやはり微量でも入っていると気になりますよね。

 

容量の1パーセントでも効くのであれば相当強い物質ですし人によっては影響があると思います。

 

また、敏感肌の方にも影響がでないとは言いきれませんしね((+_+))

 

あくまでも私の見解としては、手に触れず密閉度が高い容器で尚且つ早く使い切れるのであればパラベンフリーに越したことはないと思います♪

 

コンシダーマルは、密閉性も高く1ヶ月で使い切ることができる設計となっていますので安全に使用できるんじゃないだろうかと私は思います\(^o^)/

 

使い切る期間や容器の口のサイズ(気密性)によってはパラベンが必要なことがあると思います。

 

ご自身でその点を考え購入することをオススメします(^^)