プラセンタの効果解説とおすすめプラセンタ配合化粧品3選!

プラセンタの効果解説とおすすめプラセンタ配合化粧品3選!

 

コンシダーマル スキンライズローションに新配合されたプラセンタ。

 

プラセンタ配合化粧品であればfracora(フラコラ)が有名ですよね♪

 

LINEでうさぎ100%さんのスタンプを出していましたね(^o^)

 

プラセンタとは一体どういったものなのか?

 

みなさまも気になるところだと思います。

 

また、お肌に対するプラセンタの効果も説明していきたいと思います\(^o^)/

 

最後には合わせてオススメのプラセンタ配合の化粧品も紹介していきたいと思います♪

 

 

プラセンタとは?


プラセンタは英語で日本語に変換をしますと胎盤という意味です。

 

ここでいう、プラセンタは胎盤エキスのことを指します。

 

プラセンタには動物性プラセンタ(ヒト、馬、豚、羊)、海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)、植物性プラセンタがあります。

 

コンシダーマルには、マリンプラセンタ発酵プラセンタが含まれています。

 

両者の違いは追々説明しますがプラセンタがなぜ化粧水に重要なのかといいますと生物の胎盤には豊富な栄養素が含まれています。

 

化粧水の他には、育毛剤や健康食品などにも使われうつ病にも効果があると言われるほどの優れものです。

 

胎盤には、どのような栄養素の成分が含まれているかといいますと…

 

三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)や成長因子、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などが含まれています。

 

では、なぜ胎盤がこのように栄養豊富なのかといいますと赤ちゃんを育てるためです。

 

母体の赤ちゃんは成長の為に豊富な栄養素を必要とし、赤ちゃんを成長させるため胎盤に豊富な栄養素が含まれるということです。

 

他にも、胎盤は母体である母親が栄養不足であったとしても赤ちゃんを育てるだけの必要な栄養素はあるということです。

 

また、その豊富な栄養素から出産後に自らの胎盤を食す動物もいるほどです。

 

そのような、素晴らしい胎盤のエキスがコンシダーマルに入っていることがエイジングケアに役立ちシミ・シワの予防、お肌の弾力アップ、お肌のハリやツヤのアップに繋がるということです。

 

人体への効果や作用としましては…

 

  • ホルモンバランスを調整する内分泌調整作用
  • 自律神経のバランスを調整する自律神経調整作用
  • カラダの疲労を軽減する疲労回復作用
  • 筋肉量減少や血行不良や自律神経の乱れを改善し基礎代謝を向上させる基礎代謝向上作用
  • 免疫力を上げる免疫賦活作用
  • 血流を良くする血行促進作用
  • 血球を作る造血作用とそれに伴う貧血改善作用
  • 強いカラダを作る体質改善作用

 

があります!!!

 

プラセンタはとても優れたエキスですね♪

 

以上、おおまかにプラセンタを説明してみました(^o^)/

 

マリンプラセンタ

マリンプラセンタは、魚の卵巣膜の部分です。

 

現在の美容分野で使用されているものは鮭の卵巣膜です。

 

厳密にいうと、プラセンタ=胎盤となっていますが魚類は胎盤を持っていないためプラセンタという言葉を使うのは間違いですが動物性プラセンタと似ている成分が多く含まれているのでマリンプラセンタという名称で使われています。

 

マリンプラセンタは胎盤と同じように、多くの豊富な栄養成分が詰まっています。

 

どれぐらい豊富な栄養成分が含まれているかと言いますと9種類もの必須アミノ酸が含まれており、他にも約30種類の栄養成分が含まれています。

 

必須アミノ酸は、動物性プラセンタの中でも一番多い馬プラセンタの6種類よりも多いです。

 

アミノ酸はお肌を美しく保ってくれますのでアミノ酸が豊富なマリンプラセンタは嬉しいですよね♪

 

また、マリンプラセンタの特徴としましてはグリシンが豊富です!!

 

グリシンはホルモンバランスを整えてくれます(^^)

 

他にも、お肌の潤いの元となるビタミン、ヒアルロン酸、コラーゲンが含まれており動物性プラセンタには含まれていない繊維状のタンパク質であるエラスチンが含まれています。

 

マリンプラセンタはとても優れたものですね(●^o^●)

 

欠点があると言えば、動物の体内で特定の細胞の増殖・分化を促進する内因性のタンパク質である成長因子が含まれていないということです。

 

そこが私なりに調べた唯一の欠点です。

 

発酵プラセンタ

発酵プラセンタという言葉があるということは発酵前の生のプラセンタもあるのか?

 

もちろんあります生プラセンタ!!

 

発酵プラセンタの前に生プラセンタについて少しお話させて頂きます(*^。^*)

 

生プラセンタは加熱処理がされていない分そのままの性質が残るため発酵プラセンタよりも効果は高いといわれています。

 

料理でいう野菜を加熱すると有効成分が失われると言われているのと一緒で発酵プラセンタも生プラセンタよりも有効成分が失われているという事実もあります。

 

じゃあ、生プラセンタを配合して欲しいと思いますよね。

 

私も思います(*_*)

 

ですが、生プラセンタは生の胎盤エキスを使用する為にどうしても保存方法として冷蔵保存をする必要がある訳です。

 

生プラセンタは常温保存ができないので持ち運びができません(;_:)

 

なので、コンシダーマルに生プラセンタが入っていれば持ち運べないということですね。

 

上記の情報だけでは、発酵プラセンタは生プラセンタよりも劣ったポンコツ商品という印象を与えているかもしれませんが決してそういう訳ではありません♪

 

今から、発酵プラセンタのいいところ書いていきたいと思います\(^o^)/

 

まず、発酵プラセンタですが保存が効きやすいということから化粧品、飲料商品、サプリメント等々に幅広く使われています。

 

保存が効くって大切ですもんね♪

 

現在の発酵プラセンタの流通量が多いのは豚プラセンタと言われています。

 

馬プラセンタも多いと言われていますが豚よりも出産回数が少ない為に豚プラセンタよりも高価と言われています。

 

次に、発酵された分有効成分と体への吸収力がパワーアップしています。

 

有効成分ですが主に成長因子が大幅にアップされています。

 

マリンプラセンタは成長因子が無いので発酵プラセンタが成長因子を補ってくれるということですね♪

 

アルギニン、シスチン、グルタミン酸がアップすることによって美容効果のアップに繋がっています。

 

他にも発酵プラセンタの方が血液中のアミノ酸量の吸収が1.7倍になると言われています。

 

結果、私の結論になりますが生プラセンタはそのままプラセンタの有効成分がすべて残り発酵プラセンタは一部の有効成分が失われるものの残った有効成分が発酵によってパワーアップをするということです。

 

なので、どういった有効成分がイマ体に必要かと考えると場合によっては発酵プラセンタの方が効果的な方もいらっしゃると私も思います。

 

プラセンタがもたらすお肌への効果!


プラセンタの代名詞であるアンチエイジング作用。

 

つまりプラセンタはお肌の若返りをサポートしてくれます。

 

プラセンタには抗酸化作用、血行促進作用、抗炎症作用などがありそれによってシミやシワといった肌トラブルが抑えられます。

 

また、成長因子によって特定の細胞の増殖・分化を促進するためお肌の若返り・改善に役立ちます。

 

他にも、老化だけでなく慢性的な肌トラブル(ニキビ、乾燥、オイリー肌)に悩む方にも有効です。

 

プラセンタの安全性は?

プラセンタは高い安全性があると言われています。

 

ヒトプラセンタは医療機関のみに使われ感染症に罹ったという報告は無いようです。

 

美容品に使われるプラセンタは豚プラセンタ馬プラセンタであり(昔はウシプラセンタもあったそうです…)感染症の有無等の厳しい自社基準の検査を設けることによって高い安全性を誇ると言われています。

 

プラセンタに副作用はある?

副作用についてですがやはりアレルギー反応が出てしまいます。

 

これは、卵アレルギー等と同様仕方の無いものだと思います。

 

使用中に体の異変(増量、不眠、ニキビ、体臭、生理不順等々)もあるそうですがこれはプラセンタによって体質が変わって好転している瞑眩現象の可能性もあります。

 

なので、ひとえに副作用という訳ではありません。

 

しかし、副作用やアレルギーの悪化といった可能性もありますので時には使用を控えるといった判断も必要だと考えます。

 

副作用やアレルギーが全くないとは言い切れませんもんね。

 

プラセンタの副作用やアレルギー反応で多い摂取方法は注射であり、これも極めて低い可能性です。

 

サプリ等の経口摂取では更に確率が低いため心配する必要はほとんど無いようにも感じます(^o^)/

 

プラセンタの摂取方法は?


プラセンタの摂取方法は3種類あります。

 

注射、経口摂取(飲む)、塗布があります。

 

コンシダーマルは塗布になります。

 

塗布だけの説明で良いかもしれませんが注射と経口摂取も合わせて説明していきたいと思います♪

 

注射

プラセンタの注射は医療目的と美容目的があり注意して欲しいところは美容目的は保険が適用外になるということです。

 

医療用として厚生労働省で承認されているものは2種類ありましてメルスモンラエンネックがあります。

 

プラセンタ注射するメリットとしましては以下の通りです。

 

  • 医療:更年期障害、肝機能障害、、胃十二指腸潰瘍、慢性肝疾患など
  • 美容:美白、シミ、シワ、たるみ、保湿、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症など
  • メンタル:うつ病、自律神経失調症、不眠症など
  • その他:アレルギー、生理不順、筋肉痛、肩こり、腰痛、疲れなど

 

注射の方法は、皮下注射、筋肉注射、ツボ注射があります。

 

簡単に要約をすると、金銭的に安いものが皮下注射、即効性があるのは筋肉注射、費用が高いものの美容に適しているのはツボ注射という具合になっております。

 

1回の治療では、効果が実感できないので持続的にする必要があるかと思われます(ー_ー)!!

 

経口摂取

サプリメントやドリンクでプラセンタを取る方法です。

 

注射よりも即効性は劣るものの安価で持続すると効果は期待できます。

 

美容で使われるとともに、育毛、健康、体質の改善といった様々な分野でも使われます。

 

美容では、シミ、シワ、保湿等が期待できます。

 

医療機関では、ヒトプラセンタを使用していますが市販ではブタプラセンタとウマプラセンタが一般的でウマプラセンタの方がブタプラセンタよりもアミノ酸が多いと言われています。

 

経口摂取も使用方法によっては決して注射よりも劣らないかと私は思います♪

 

塗布

原液のプラセンタだけを塗る方法と化粧品に配合されたプラセンタを塗る方法があります。

 

プラセンタを塗布することによって得られる効果として保湿力が高いことが挙げられます。

 

元々、プラセンタはお肌への有効成分がたっぷりでいいことづくしです♪

 

しかし、分子が大きいという点からお肌の奥に届きづらいということもあり美白効果を思ったよりも得られないこともあります(*_*)

 

ただ、最近ではプラセンタエキスをナノ化することによって奥まで届くプラセンタが出てきています。

 

コンシダーマルは様々な成分を配合することによってプラセンタ独自の良さを引き立たせ、また、他の有効成分も引き立たせることによって優れた化粧品ということになっているということです♪

 

おすすめのプラセンタ配合の化粧品3選!!


プラセンタ配合オールインワン化粧品を3選発表していきたいと思います\(^o^)/

 

私の独断と偏見で作成しましたが是非参考にして下さい♪

 

 

コンシダーマルの特徴

新たにプラセンタが配合されたコンシダーマル!!!

プラセンタを新配合したことによってパワーアップしあなたのお肌に満足を与えてくれることは間違いなしです。
奇跡のオールインワン化粧水でステキなお肌をこれ1本で♪

価格 2,268円
評価 評価5
備考 上記価格は定期コースの初回料金(税込)です。
 

 

 

プラセンタの効果解説とおすすめプラセンタ配合化粧品3選!

fracoraの特徴

プラセンタといえばfracora!!!

プラセンタの代名詞のような化粧品です。
人気実力ともに高い支持は今もあります♪

価格 2,485円
評価 評価4.5
備考 上記お値段は30日定期便価格です。(公式HP)
 

 

 

プラセンタの効果解説とおすすめプラセンタ配合化粧品3選!

ヴィトワ プラセンコンク リフトモイストの特徴

プラセンタ配合オススメ化粧品のリルジュ!!

純液プラセンタ高配合となっております。
こちらもオススメ商品となっております♪

価格 3,888円
評価 評価4
備考 上記価格は定期コースの料金(税込)です。(公式HP)